会社挨拶-1

弊社は監視カメラソリューションからIOT、M2Mソリューションとして監視カメラもM2Mの1つと考え、映像をプラットホームとしたIoE-OS(オペレーションシステム)を目指しています。現在、監視カメラはアナログカメラからIPカメラ(ネットワークカメラ)に進化したにもかかわらず、監視カメラとしか繋がっていないのが現状です。弊社のソリューションは様々な機器やセンサーと監視カメラを連携させてきました。これによりPRONEXは全ての「見える化」を実現すると同時に蓄積されたビックデータから未来を予見できる、もっとも先進的なソフトウェアーです。そしてこれまでの単なる監視カメラソリューションを業務用カメラソリューションとして生まれ変わらせました。

IoTは現在、各種データを機器・機械とマッチングして検索・分析・運用できるシステムですが、これに映像を加味することで言語・民族・国を超えて瞬時に共有する事が出来るIoEへと…そして、「真のIoE」を構築します。

私たちの理念はIoEの世界に於いて

○これによりこれからの社会で新たな発見を出来るサービスを構築する

○過去から現在の画像データにより未来を予見できるサービスを構築する

○世界共通言語である画像、数値情報をより早く届けるサービスを構築する

「機械から機械のデータ」、「機械から人へのデータ」、「人から人へのデータ」からだけでは伝えられなかった「情報」をPRONEXは伝えます。日本はこれまで精密機器などでは世界水準のグローバルスタンダードが多くみられます。しかし、ソフトウェア―の分野ではありませんでした。わたくし達は日本初のグローバルスタンダードソフトウェア―を目指します。

代表取締役社長 佐久間昭弘

 

o
PAGE TOP